姫路名物 どろ焼き 作ってみたのでレシピ&レビュー

「どろ焼き」を皆さんは御存知でしょうか?

兵庫県の姫路に「どろ焼き」という名物があります。お好み焼きやたこ焼き、もんじゃ焼きと同じ「粉もん」ですが、そのどれとも違う形状、食感が特徴。作り方はだしたっぷりの生地を鉄板でふわっと焼き上げ、オムレツのような見た目に仕上げます。高温で焼き上げるため、外はパリッと、中はとろ~りふわっふわな食感になります。牛すじやこんにゃくが入った「どろねぎすじこん」や、豚入りの「どろ豚」などの種類を楽しめます。どろ焼きは明石焼きのように、だし汁につけるか、ネギ醤油で食べるのがオススメ。兵庫県、姫路市内以外ではあまり知られていないどろ焼きですが、東京・池袋でどろ焼きを食べられるお店が「お好み焼 どろ焼 喃風(なんぷう)池袋駅前店」(東京都豊島区南池袋2-27-5 カテイビル4F)です。

https://r.gnavi.co.jp/g-interview/entry/g-mag/013366

姫路に住んでいた頃は上記に紹介されている喃風さんにもたまに行っていました。家でも食べたいと思い、何回も作るようになった結果、徐々に自称「喃風を超えるどろ焼き」にたどり着きました。

実は日曜のお昼ごはんとして、お好み焼きを作ろうとしたのですが、ひっくり返すのに失敗して、急遽どろ焼きに変更して美味しく食べました。

材料、レシピなどは下に書いていますが、私は料理をするときは冷蔵庫にあるもので&目分量で作りますので適当です。

また好みもあると思いますので、材料・分量などは各々で最高のものを見つけてください。

所要時間: 25分.

材料:お好み焼き粉、キャベツ、もやし、天かす、豚バラスライス、卵、白だし、お好み焼きソース。

  1. 生地を作る

    お好み焼き粉(出汁入り・市販)適当に入れて、水を入れて混ぜる。
    分量は適当だが、粘り気がないくらいシャバシャバ感で。

  2. 焼く

    生地をフライパンに流す。
    キャベツの千切り、もやし、天かす、豚バラスライスを順に乗せる。
    山盛りラーメンみたいになるが気にしない。
    すぐに蓋をする。

  3. 蒸し焼く

    3〜5分中火で焼く。

  4. ひっくり返してさらに焼く

    お好み焼きの要領でひっくり返す。
    ひっくり返すのに失敗したときは、オムライスの形みたいに半円形に整形しても問題ない。

  5. 卵を追加してから半円形に整形する

    卵を割ってフライパンの脇に追加する。ぐちゃぐちゃと崩してから、その上にどろ焼きを移動させる。
    卵が焼けたら、半円状に折り曲げる。
    4.で既に半円形に整形した場合は省略。

  6. つけ汁を作る

    白だしとお湯を器に入れる。

  7. 完成

    お好みのお好み焼きソースをどろ焼きにかけて、つけ汁につけて召し上がれ!

中はとろとろして熱いです。とろとろしていますが粉っぽさゼロ!

スパークリング日本酒「澪」と美味しくいただきました♪

冷凍餃子も焼いて食べました♪

コメントを残す

上部へスクロール
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。